なぜ日本ではバゲットを斜めに切るのがスタンダードなのか?

先日、某大手製粉会社のHPのフランスパンの切り方に関する
記事が目に留まりました。
「フランスパンの切り方の基本は斜めスライスです。」

うむ、、確かに日本ではバゲットなどのフランスパンを
斜めに切るのを非常に多く見かけます。

でも、フランスではバゲットを斜めに切るほうが珍しく
バゲットの切り方は「まっすぐ」がスタンダードです。(※1)

 


 
かれこれ20年近く
「なんで日本人はフランスパンを
 斜めにきるようになったのだろうか?」
といろいろと考えたり情報を探しているのですが
なかなか決め手になる文献に辿りつきません。

そこであれこれ考えた結果私なりに仮説を2つ立ててみました。

 
仮説①:アメリカ人が斜めに切って食べていたから?

有名な話ですが、イタリア人はパスタを食べるときに
スプーンは原則使いません。ですがなぜか日本では
「パスタはフォークとスプーンで」と言うのがスタンダードです。
どうしてそうなったかというと、戦後日本でアメリカ人が
スパゲッティをフォークをスプーンで食べていたのを見て
「なるほどこれが本場の食べ方なのか!」
と勘違いしそれが広まったそうです。
フランスパンに関してももしかしたら
日本に来たアメリカ人が斜めに切っていたから?
アメリカ人発祥なのでは??と思っておりますが真相はいかに?

 
仮説②:薄く斜めに切って食べなけれは食べられないほど
     昔のフランスパンは引きが強かったから?


 
もう40年前ですが私が覚えている子供の頃のフランスパンというのは
硬いというよりも奥歯で噛みしめて手で引っ張っても
ちぎれないくらい引きが強いフランスパンでしたよね?
あの当時の多くのフランスパンは薄く斜めにスライスして
軽くトーストしないと引きが強すぎて食べるのが
非常に困難だったんです。
今考えると信じられないパンですが
でもあのフランスパンがちょっと懐かしかったりして(笑)
私はパンの製造は素人なので詳しいことはわかりませんが
多分日本のフランスパン初期はフランスパンにはふさわしくない粉で
無理矢理作っていたのではないでしょうか?
始まりがそんなフランスパンだったために現在に至っても
バゲットを斜めに切って食べるのが
今日の日本に浸透しているのでは??
これも私の勝手な仮説ですが真相はいかに?

いろいろほかにも仮説はありますが
現在日本では斜めにバゲットを切るのが定着し
食べ方・売れ筋バゲットの傾向も斜めに切るのに適している
方向に向かっていると感じています。
日本では
・かじって食べるから薄く斜めに切ったほうが食べやすい。
・切り口に何かを乗っけて食べたいから
 斜めに切って断面がより多いほうがよい。
・クラム(中身)のもちもち感を重要視するバゲットを好む傾向にある
など

ですがフランス人のバゲットの食べ方というのは
・原則かじらない。一口大にちぎって食べる。(※2)
・クルート(皮)の香ばしさが命。
・そもそもバゲットは皮のおいしさを楽しむもの。
など

日本人がバゲットを斜めに切って食べることに関して
よくないとかそういうことを言うつもりは毛頭ありませんが
でも「斜めに切るのがスタンダード」というのが
「パスタはフォークとスプーンで食べるのが当たり前」と同様に
本来の食べ方を知らずに
浸透してしまっている点についてはすこし残念に思っています。

フランス被れな私としては
やっぱり本来のバゲットの食べ方楽しみ方を
もっともっと日本に広めていきたいなぁと常日頃思っております。

 

 
もし日本人がフランスパンを斜めに切るようになったルーツを
ご存知の方いましたら情報提供お待ちしております。

 

——————————————————-
※1 絶対というわけではありません。
  斜めに切る人やレストランもありますし
  バリのバゲットコンクールの審査時などにはクラムの
  気泡やきめ細やかさチェックするために斜めに切ります。

※2 フランス人も朝はタルティーヌにしてバゲットをかじって食べますが
  斜めではなく真横に切り開いてジャムなどを塗ってかじって
  食べるのがスタンダードです。

カテゴリー:コラム