和服でパンとチーズ

 

日本の食料自給率は先進国最低ですが
パンの小麦粉の自給率はそれとは比較にならない低水準です。
以前コラムでもご紹介しましたが
これはとても深刻で難しい問題です。
いちパン好きとしてほんの少しでもいいから何か役に立てることはないか?
と日々あれやこれや思案しております。
 

話しはいきなり変わりますが
思うところがあって思い切って和服を買ってみました。
 

↑初めての着物デビューで立ち寄った
銀座のLa Cantine Centreにて


和服でパンとチーズ。
これはpan-ya.comの具現化の一つの形。
 

和服を着てパンとチーズを食べろ
というわけでは決してありませんよ(笑)
 

常日頃「パンの本質」をもっと深く知りたいと思うなかで
気付いたことがあります。
それは「その土地に根付いた食べ物に勝るものはない」ということ。
例えば「日本はお米がおいしい」ということ。
 

日本ならではのバラエティーに富んだパンもとても魅力的ですが
歴史ある欧米諸国のパン文化圏での
その土地に根付いたパン文化・食文化にももっと目を向けてほしい。
これらの魅力をすこしでも多くの方々に伝えることができれば
日本に根付いた歴史ある食文化のすばらしさにも目を向けてもらえのではないか?
きっかけ作りができるのはないか?
 

そんなことを思ってたら、少しづつでもいいから食に限らず
日本の伝統文化にも目を向けてみようと
なんだか和服を着てみたくなったわけでして(笑)
正直着慣れてないから疲れますが
背筋も伸び、心も心地よい緊張感で
いままで感じたことのない清々しさです。
 

これからは和服を着てお出かけが増えそうです♪

カテゴリー:コラム