ふぞろいな焼き色のバゲットたち

フランスのとあるパン屋さん。
この写真のバゲットたちを見てなにか気付いたことありますか?

よくみるとバゲット一本一本の焼き色が違いますね。
しっかり焼かれたもの
ちょうどいいもの
焼きが甘いもの
などなど。

日本ならばほとんどのお店でみんな同じ色に焼かれたバゲットが
きれいに並べられていますよね。
「フランス人は焼き方が雑だなぁ~」と思うかもしれませんが
でもこれはわざとそうしているのです。

以前にもちょこっとお話ししましたが
フランス人は、バゲットの焼き色の好みがはっきりしていて

「Bien cuite(しっかり焼けた) s’il vous plaît.」
「Pas trop cuite(あまり焼きが強くない) s’il vous plaît.」

などを買う時に指定している人を良く見かけます。
パン屋さんと顔馴染みになると
黙っててもその人の好みのバゲットを用意してくれます。

日本人が
「硬めのごはん」
「やわらかめのごはん」
とそれぞれ好みが分かれるように
フランス人のバゲットの焼き色の好みもそれぞれあって
フランスではパン屋さんがいろいろな焼き色を用意することが
あたりまえなことなのでしょう。

日本ではフランスみたいなさまざまな
焼き色のバゲットを用意しているパン屋さんには
まだ出会ったことがありませんが
そういうお店がすこしづつでも増えてくれたらいいのになぁ
とても素敵なことだなぁって思ってます。

カテゴリー:バゲット