「パンとチーズと私」 1

「パンとチーズと私」①
なにかの歌の題名のパクりみたいですが(^_^;)
シリーズもので書いていきたいと思ってます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

以前にも書いた内容が一部ありますがご勘弁を。

私はハード系食事パンの魅力に心を奪われて
かれこれ20年が経ちますが、そのきっかけになったのが
20年前に訪れた青山のフランス料理店「シェ・ピエール」です。
 

1 1
1

↑フランスに空間移動したかのような雰囲気。
「ほっとするフランスの味」と在日フランス人のファンもとても多いです。


 
シェ・ピエールは1973年に日本で初めてフランス人が開店したフランス料理店。
「シェ・ピエール」で私はフランス料理では
メインの料理を食べ終わりデザートの前に
チーズを食べる習慣があるということを初めて知りました。

そして本格的なフランスのナチュラルチーズと
バゲットの美味しさに
私の中のいままでのパンとチーズの概念を
根底から覆されるようでした。
「知らなかった・・世の中にはこんなにおいしいパンとチーズがあるなんて。」
頭をハンマーで殴られたような
衝撃を受けたのを今でも覚えています。

こちらのレストランのオーナーピエール・プリジャンさんは
知る人ぞ知る元パン職人さんです。

パン好きなら知らない人はいない日本のフランスパンの神様
フィリップ・ビゴさんが来日したすぐ後に
ピエールさんも1968年に来日し、ビゴさんと一緒に
本場のフランスパンの普及活動にご尽力されました。

2002年のベーカリーワールドカップで日本が世界一になった時も
ピエールさんは監督役として日本代表をバックアップしたりと
日本のパンに数々の功績を残された方です。

ピエールさんはパンにとどまらず
フランスの本格ナチュラルチーズの魅力を日本に伝えるために
これまたご尽力されております。

フランスのナチュラルチーズが日本に空輸され始めたのは
東京オリンピックが開催された1964年ですが
ピエールさんが納得するようなフランスチーズは
来日当時まだなく、そこでピエールさんは
仲間のフランス人シェフと力を合わせ一緒に本格ナチュラルチーズを
日本に輸入し始めたのが1980年だったと仰っていました。
 


1
↑ピエールさんに見せていただいた1980年の雑誌の切り抜き
ピエールさんは一番左端です。

 
ある時、シェ・ピエールで食後のチーズを選んでる時に
ピエールさんはこう教えてくださいました。
「フランスのパンとチーズは
日本のごはんとお漬物と同じようなもの。
日本中に昔からそれぞれの地方にお漬物があって
食卓に当たり前のように並べられて
毎日ごはんと一緒に食べられてるように
フランスのパンとチーズもそういうものなんだよ。」

 

1 1


 
これを初めて聞いたときには
納得しつつもいまいちピンと来ませんでしたが
10年前にフランスにホームステイしたときに
この言葉の本当の意味を理解することになったのです。

つづく。


パンとチーズの魅力をあなたにも!参加者募集中です ↓↓クリック

カテゴリー:ブログ

ハード系食事パン好きのあるある①

 
 


1

 
 
私はハード系食事パン命なので
食パンなどの柔らかい食事パンや
菓子パン、ヴィエノワズリーなどは
嫌いではありませんが
普段はほとんど食べることはありません。

そういうと
「え~っ!?パン好きなのに食パン食べないんですか~?」
となんだか変わった人のような扱いを受けることがよくあるんです。

・・・ちょ、ちょっと待ってください。
じゃあ、あなたはスパゲッティが大好きな人に
「スパゲッティ好きなのになんでうどん食べないんですか?」
って言うんかこら~~~!!(怒)
、、と心の中で叫んでますが
もちろん口には出しませんけどね〜(^o^;)

スパゲッティとうどんはいわゆる麺類
主な原材料は小麦粉ですが別の食べ物です。
麺類はパスタ・うどん・そば・そうめん・ラーメンと
しっかりジャンル分けされてます。

フランスをはじめとするハード系食事パンと食パンも
パン類という仲間、主な原材料は小麦粉。
でも別の食べ物なんです。
ハード系食事パンが主食の国であれば
当然区別されるものです。

でもなぜかパン類は日本では
「パンが好きな人はパンなら何でも好き」
っていう先入観を持っている人が非常に多い。

ハード系食事パンと食パン。
味わいも、食べ方も、扱い方も全く違います。

「なるほど。食パンは食べないのですね。」
というリアクションが普通に返ってくる日本になるように(笑)
ハード系食事パンの魅力を地道に普及していきたいと思います。 
 


1

カテゴリー:ブログ

【イベント報告】ハード系食事パンを持ち寄ろう会!

かの有名なフランスの美食家ブリア=サヴァランが残した
20のアフォリスム(格言)のひとつにこんな言葉があります。

「どんなものを食べているか言ってみたまえ。
 君がどんな人間であるかを言いあててみせよう。」

9/23に2回目のパーティーイベント
「お気に入りのハード系食事パンを持ち寄ろう会!」
を開催しました。

 
 


1

 
 
自分の一押しのパンを紹介することって
ブリア=サヴァランのこの言葉じゃないですが
まるでパン好きとしての自分を丸裸にされるようで
結構プレッシャーなんですよね(^_^;)
参加されたみなさんも同じようなことをおっしゃってましたし
「参加したいけど、持ってくパンを選べなくて・・」
という声もちらほらあったりでしたが
なんとか今回も多くのご参加を賜り感謝感激です。

ちなみに私の一押しのパンですが
本当の一押しはやっぱりパリなんです。
「パリのこのパン屋さんのこのパンがなんてったって一番!!」
というのがあるのですが、さすがに買ってこれませんからね(笑)
じゃあ東京は?というとこれも本当に難しい。
でもどうしても今回は一つ選ばなければいけないので
悩みに悩み決めました。
どこのパン屋かというと、、、内緒で~す。
丸裸にされるのはお越しいただいた方だけにさせてください(^^;;

その人の好きなやパン屋さんやパンがわかれば
ブリア=サヴァランのようには全然いきませんが(笑)
でも大体好みのパンの系統などはわかるので
パンの話にも花が咲くってもんです(^^)

 
 

1 1

 
 
今回の持ち寄りパンは半数以上がバゲットでした。
やっぱりみなさん悩んだ挙句
どうしてもひとつ選ぶとなると
一番人気のあるバゲット。万能選手のバゲット。
という声が多かったです。
(次回は「バゲット以外の」ハード系食事パン持ち寄り会にしようかな?(笑))

私も普段はほぼ決まったお店でしか
パンを買わないので
こういった機会に、普段食べないパンに
たくさん出会えることがうれしいですね。

 
 

1 1

着物で真剣にパンを斬る男(笑)ちょっと滑稽ですかね?↑

 
 
私、今回着物を着ての参加でございましたが
なぜかといいますと、私がお世話になっております浅草の男の着物 藤木屋
のご主人をお誘いしたところ、着物でご参加いただけるとのことで
じゃあ折角なので私も!ということでして(^^;
日本人に着物。
フランス料理にハード系食事パン。
どちらもリスペクトする精神に
私は相通じるものを感じています。

 
 

1 1 1


 
 

pan-ya.comのイベント2回目となります代官山Table Oginoさん。
今回も秋の味覚をテーマにすばらしい料理をご用意していただきました。
いつもありがとうございます。

 
 


1

 
 
今回の目玉料理「サンマのテリーヌ」
このイベントのために特別に作っていただきました。
形も美しく、味も最高。参加者みなさん大絶賛でした。

 
 

1 1 1

 
 
メインは2種の肉攻め。
スペアリブの煮込みにサーロインステーキ。
締めのデザートはモンブラン。
みなさんすでにお腹が苦しい状態でしたがペロリ。

 
 

1 1

 
 
ハード系食事パン持ち寄り会
またいつか企画したいと思いますので
ひとりでも多くのパン好きの方のご参加をお待ちしております。
パン談義に花を咲かせて盛り上がりましょう!

 
 
パンは
「気軽なもの」「ファーストフード」よりも
「人生を楽しむために欠かせないもの」「ゆっくりと大事に味わうもの」
これがpan-ya.comが一番伝えたいこと。
今後も楽しいイベントを企画していきたいと思います。

カテゴリー:ブログ

米粉のパンに思うこと

米粉のパン。
最近はあちらこちらで
見かけられるようになりましたが
やはりまだ発展途上であるがゆえに
「新しい」「珍しい」という価値を除けば
パンやご飯と比べると
まだまだ力不足は否定できません。

しかも「新しさ」も徐々に薄れてきているのは
数字を見ても明らかで
去年あたりから米粉の消費量は伸び悩み
苦戦を強いられているようです。

そんななか「おいしい米粉のパンがある」
との情報を聞き訪れたのが
白金高輪の超人気ベーグル専門店
マルイチベーグル。

1 1

↑米粉のベーグル。米粉80%配合だそうです。

お米特有のもちもち感が
ベーグルならではのもちもち感と
見事に融合しています。
これは素直においしい。


1
↑ベーグルもちぎって大事に食べてみるのもおいしいですね。

小麦のパンの美味しさに
近づいてきている印象を受けましたが
米粉のパンはまだまだもっともっと
おいしくなる可能性を秘めていると
私自身感じています。

100年前に誕生したバゲットが
いまやフランスパンのスーパースターになっているなんて
当時のフランス人が想像もしていなかったように
もしかしたら米粉のパンも
将来ご飯やパンを追い抜く日がやってくるかも??

日本の深刻極まりないパンの自給率
打開する希望の星のひとつとして
さらに輝きを増していってほしいです。
これからの米粉のパンに期待です。

カテゴリー:ブログ

時事ネタ絡みですが、カンボジアのパン



時事ネタ絡みの話題ですが
最近世間を騒がせている「デング熱」
私、8年前にカンボジアに行ったときに
感染してしまいました。
蚊に刺されたと思ったら
そこが500円玉大くらいに腫れ上がり
「やっぱりカンボジアの蚊はワイルドだなぁ(^^;)」
なんて思いつつ、帰国して数日たったら
なんだか高熱が。。。
まぁ私の場合インフルエンザ程度の症状で済みましたが。
今となってはいい旅の思い出です。

1

カンボジアに行ったときももちろんパンはまじまじと観察してきました。
いきなり驚いたのが、街にはパンがあちらこちらに山積みになっていて
しかも結構美味しいではありませんか。
というのもカンボジアはかつてフランスが統治していたこともあり
フランスパンはカンボジアの国民食
フランスの食文化がしっかりと根付いているようです。

1

市場にも行きました。テレビでみて想像していた通りで
日本では考えられない衛生状態で、息ができないほど臭かったです(>_<) 実は今回の旅の目的の一つ カンボジアの名物スイーツ「かぼちゃプリン」の一番人気のお店が 市場のなかだったので、くさくさのなかおいしいかぼちゃプリンを食べたのも いい思い出です(^-^;) 実はご存知のかたもいるかと思いますがですが なんと「かぼちゃ」の語源は「カンボジア」だって知ってますか? その昔カンボジアの特産品として日本に入ってきたことが由来だそうです。 1

アンコールワットのある町シェムリアップで一番おしゃれというパン屋さんにも行ってきました。
ここは庶民向けではなく、お金持ちの外国人向けの本格パン屋さんのようです。

1

食べ比べてみましたが、こちらのパンは見た目もお味もお上品でしたが
私は町の露店で山積みになっているパンのほうがおいしく感じました。
やっぱり食べ物ってその土地や人々に根付いた味のほうがおいしいですよね。
と私は常々そう思っていますし
そう改めて感じさせられた体験でした。

デング熱なんて東南アジア地域特有のもので
日本にはまったく縁がないものだと思ってましたが
やはり異常気象といい地球温暖化の影響なんでしょうか。
涼しくなるまでまだまだデング熱は心配ですので
みなさんもどうかお気を付けください。

おしまい

カテゴリー:ブログ

【イベント報告】「バゲット焼き色違い」を食べ比べる!




 
 

「食卓こそは人がその初めから決して退屈しない唯一の場所である。」
by ブリア=サヴァラン

 
 
すばらしい映画・ドラマ・お芝居にはすばらしい脇役が必ず存在します。
主役を引き立て、物語をより深みのあるものにする非常に大切な役割です。

「食事は食卓の上で料理・パン・ワイン達が繰り広げる楽しいお芝居のようなものだ」と
以前フランスでホームステイしたときにお父さんから聞いたことがあります。

食事がお芝居だとしたら、料理は主役、脇役はパン。
食べる我々はその芝居の演出家でもあり観客でもあり、
といったところでしょうか。

演出家として
今日の主役に合わせて、脇役であるパンはどのお店の何のパンにするか?を考え
そして観客として
役者がいい演技をしているか?役者たち相性はどうか?
客観的な立場でお芝居を眺めるように、それらの味わいを楽しむ。

食べることが人生の喜びであるフランス人らしい表現ですね。
 
 
フランス人の食卓のパンは圧倒的にバゲットであり
そのバゲットに対するこだわりたるや
それはそれは日本とは比較にならず
その一つが「バゲットの焼き色違い」であります。

フランスでは各々自分の好み・こだわりのバゲット焼き色があり
パン屋さんもそのニーズに対応して様々な焼き色のバゲットを常時用意しております。
「Bien cuite(しっかり焼けた) s’il vous plaît.」
「Pas trop cuite(あまり焼きが強くない) s’il vous plaît.」
などなど。
 
 




 
 
日本では同じパン屋のバゲットで焼き色違いを
買える機会もなかなかありませんので
同じお店で3種類(焼きが甘い・ふつう・しっかり焼いた)
のバゲットを今回、桜新町のベッカライ・ブロートハイムさんに
特別に焼いていただき味の違いを体験してみました。
 
 

↑美しいバゲットは美味しい。美味しいバゲットは美しい。


 
 
フランスの家庭の普段の食卓では
「バゲットは切らない。バゲットはちぎる。」
これなんです。

食卓にバゲットが一本そのまま置かれ
各々好きな分だけちぎっていただくんです。
一つのバゲットをみんなでちぎって分け合う。
私は初めてこの光景を目の当たりにした時
フランス人にしてみたら当たり前のことなのかもしれませんが
パン文化の歴史の重みというか
これが「company」という言葉の語源そのものなのかと(ぜひ以前のコラムをご参照ください)
猛烈に感動したのを今でも覚えています。
 
 

↑参加されたみなさんにもバゲットをちぎるのを体験していただきました。

バゲットは切るよりもちぎったほうがおいしいんです。
ナイフでスパッときった断面よりも
やさしくちぎった断面のほうが
口の中に入れた時に風味を感じやすいですし
料理とも味がからみやすい。
これはぜひ一度試してみてください。

↑今回はバゲットのお供にマッシュルームのスープにサーモンリエットとパテドカンパーニュをご用意

そして締めにチーズは欠かせません。
今回もチーズは赤字覚悟(笑)
・ブリ・ド・モー フェルミエ ロートシルト
 チーズの王様 ブリ・ド・モーの唯一の農家製です。
そしてMOFチーズ熟成士ロドルフ・Mの
・サン・ネクテール
・カンタル
をご用意

みなさんチーズの美味しさに喜んでいただき
大奮発した甲斐がありました。
美味しいバゲットに美味しいチーズは不可欠ですからね。
 
 
で、肝心な焼き色の食べ比べ。
これはどっちがいい、どっちがおいしいというのはないのですが
ほんとにひとりひとりの好みでいいと思ってます。
参加されたみなさんにどれがおいしかったかと聞いたところ
「しっかり焼いた」か「焼きが甘い」かに
ほぼ半々に分かれました。
「ふつう」がひとりもいなかったのがやっぱりという思いもありますが
面白い結果でした。

私は個人的にはフランスで覚えた「焼きが甘い」バゲットが好きです。
だけど美味しくて焼きが甘いバゲットに日本では
なかなか出会う機会がないんですよね~。

いつか日本でもフランスのように
食卓というお芝居の名脇役であるバゲットの
重要な要素である「焼き色違い」のバゲットが
選べるようになったらうれしいなぁと願っております。

 
 
パンは
「気軽なもの」「ファーストフード」よりも
「人生を楽しむために欠かせないもの」「ゆっくりと大事に味わうもの」
これがpan-ya.comが一番伝えたいこと。
今後も楽しいイベントを企画していきたいと思います。

カテゴリー:バゲット ブログ

パリのパン屋さんのバカンス事情に!?

多くのフランス人はこう言います。
「人生はバカンスのためにあり、バカンスのために仕事をしている」

フランスはこの8月が一番のバカンスシーズンで
(暑いし、子供の夏休みに合わせるケースが多いため。)
山や海などでのんびり過ごし美味しいものを食べる。
なんともうらやましい文化です。

ですのでフランスへ8月に旅行に行くのは要注意。
行きたいお店やレストランがお休みということもしばしば。

私も去年8月にフランスに旅行に行き
レストランの予約にひと苦労しましたが
パン屋さんはというと
8月も結構営業しているところが多いんです。

これはというと、200年以上前から
「パン屋さんはバカンスを自由に取ってはいけない。
 近隣のパン屋さんと話し合ってバカンスをとること」
と政府により義務づけられているのだそうです。
18世紀後半にバカンスによるパン屋の一斉閉店が原因で
食料不足になり暴動が発生したのを受け
当時の議会がパン屋は交代で休むように取り決めしたのだとか。

しかし!
なんと来年からパリについては
「バカンスシーズン中にパン屋が好きな時に休業できる」
という制度を政府が決定したとのこと。

230年ぶりの自由休業にパリのパン屋さんは大喜び。
一方消費者側は心配・不満の声が大きいようです。
大昔と違って今ではスーパなどでもパンは買えますし
当時のような暴動が起こるとは考え難いですが
とにかく来年の8月がどうなるか要チェックです。
っていうか我々パン好きは来年から
パリに行くのは8月を避けたほうがいいかもしれませんね。


1

カテゴリー:ブログ

真夏の夜のチーズフォンデュ会

毎日暑い日が続きますね。

昨日はこの猛暑に最もふさわしくない(笑)
「真夏の夜のチーズフォンデュ会」してみました。


1

1

チーズフォンデュ。
フランス・スイス・イタリアなどの山の地方では定番の料理。
それぞれの地方で使うチーズも違ったりでなかなか興味深いですが
1番はやっぱりエメンタールとグリュイエールを使う
スイスのチーズフォンデュ。
(今回はコンテもちょこっと入れました)
ちなみにスイス人は一年中最低週に一度は
チーズフォンデュを食べるそうですよ。


1

1

今回のパンは渋谷ヒカリエの
ル パン ドゥ ジョエル・ロブションで買った
バゲット、カンパーニュ、フォカッチャ。

本場のチーズフォンデュはひたすらパンだけで
チーズフォンデュを食べるようですが
夏野菜で楽しむ日本ならではの楽しみ方もなかなかいいものです。
夏野菜ならなんでも合っちゃいます。
私もスーパの野菜売り場で本当に適当に選んできた野菜を
シリコンスチーマーでレンジでチンしてはい出来上がり♪


1

1

1

今回は買ったばかりのチーズフォンデュ鍋だったので
火加減がうまくいかず、ちょっと反省。。

チーズフォンデュ。
日本の鍋料理と同じようにひとつの鍋を
みんなでつつきあうのとなんだか共通するものを感じます。
とても美味しく楽しく和やかなひとときでした。


1

1

カテゴリー:チーズ ブログ

世界の朝食 - フランス

10年くらい前の話ですが
フランスにホームステイする前に
1年ほどフランス語学校に通っていたのですが
そのときにフランス人の先生から
聞いてびっくりしたことがありました。

それは
「普段のフランス人の朝食はパンとバターとジャムだけ」
ということ。

これを聞いたときに私は思いました
『まさかほんとに毎日「パンとバターとジャムだけ」ってわけはないでしょ??』

ですがですが、、実際にホームステイのお宅で数か月過ごしたなかで
出てきた朝食は毎日「パンとバターとジャムだけ」
「あっ、、ほんとだったんっだ。。」
と、このときにようやく納得しました(笑)

日本で慣れ親しんだ納豆や目玉焼きの朝食が大好きな私は
毎日毎日パンとバターとジャムだけの朝食がほんとに辛かった。
ある日どうにもこうにも我慢ができなくなった私は
それ以降毎日みんなが目を覚ます前に
そろりそろりとキッチンへ行き
冷蔵庫からチーズをちょこっと拝借し
部屋に戻ってこっそり食べたりしてました(笑)


1
↑ホームステイでのある日の朝食
子供はスーパで袋売りしてるフワフワのパン
大人は前の晩の食べ残りの硬くなったバゲット
飲み物はコーヒー、ミルク、フルーツジュースなど。
(この日はお孫さんが泊まりに来てたのでこれでもちょっと豪華(^_^;))

ノルウェーの朝ごはんでも書いた通り
欧米諸国の一般家庭では朝食は火を使わないのが基本。
フランスもやっぱりそうなんです。
フランス語で朝食は「Petit Déjeuner」
つまりはお昼の前に簡単に食べる小さな食事。
朝食はパンとバターとジャムだけで軽く済ませます。
もちろんパンは温めたりしません。
そしてお昼と夜はガッツリいただくのが
フランスの食事習慣のようです。

パリなどでは
オシャレなパリジャンが
カフェで新聞を読みながら
クロックムッシュ・クロックマダムやカスクルート
なんてのも見かけますし
観光客向けのホテルの朝食では
豪華な朝食ビュッフェだったりしますが
実は実は
フランスの一般家庭で毎日食べられてる朝食は
「パンとバターとジャムだけ」
がスタンダードだそうです。

カテゴリー:ブログ

世界の朝食 - ノルウェー「イェトスト」

前からずーっと気になっていたノルウェーのチーズ
イェトスト(Gjetost)に初挑戦してみました。



1

子供のおもちゃ・お菓子みたいなパッケージでかわいいですね。

ノルウェーでは朝食に無発酵パンのフラットブレッド
(ノルウェー語でクネッケブレッド(Knekkebrød))
が定番の一つのようで、せっかくならノルウェー製のものをと
「Kavli(カブリ)」のフラットブレッドを成城石井で購入。



1

欧州諸国の一般家庭では
朝食は基本的に火を使わずに簡単に済ますのが基本で
ノルウェーも火を使わずパンにチーズだけが日常的だそうです。



1

チーズは「酸凝固」「レンネット凝固」が大半なのに対し
イェトストというチーズは「熱凝固」という少数派のチーズ。



1

イェト(山羊)オスト(チーズ)という意味なだけに
山羊乳が主たる原料なのですが
山羊乳の味が口のなかに広がる塩キャラメルみたいな味です。
ちょっと私は苦手系でした。。

Kavliのフラットブレットは非常に薄く風味も塩味も控え目。
今回選んだのは一番細挽きのタイプですが
パッケージの写真の通り
白カビのチーズと相性がよさそうです。

カテゴリー:チーズ ブログ