【10種でわかる世界のチーズ】9.エポワス

【「10種でわかる世界のチーズ」を食べよう!】企画

9つ目はエポワス。
牛乳のウォッシュタイプ。
かのフランスの美食家、ブリア・サヴァランに
「チーズの王様」と言わしめた有名なチーズで。
「くさい」チーズの代表格でもあります。

チーズの細かい説明は本に余すところなく書かれてますので
ぜひお買い上げになって読んでくださいね♪

1 1
 
 
初めてエポワスを食べたのは
フランスホームステイの時
あれはたしか初日だったと思います。
お父さんがドヤ顔で
「おいしいぞ〜おまえも食べてみろ〜」
とすすめてきたその臭いに一瞬のけぞりましたが
おそるおそる口に入れると、なんと不思議
においとは相反する濃厚で上質なミルクの旨味が
舌を包み込み、それ以来大好きなチーズのひとつになりました。
 
エボワスはブルゴーニュのチーズ。
ブルゴーニュにはパンも
11世紀からこの地で食べられている
伝統的なパン「パン・デピス」があります。
今回は1796年の創業
ブルゴーニュの中心都市ディジョンにある
ミュロ・エ・プティジャンのパン・デピスを用意。

1 1
1
 
ウォッシュタイプに相性がいい
ほのかな酸味のあるパン・ド・カンパーニュと
チーズに万能に合うバゲットも用意して食べ比べ。

1

 
 
熟成した食べごろのエポワスは
常温にもどすとろーんとした絹のような舌触りで
そして力強い旨味と塩味。
パン・デピスの甘みとスパイスに絡めるもよし
カンパーニュの酸味に絡めるもよし
でも私はやっぱりシンプルなバゲットで
エポワスを真っ正面から受け止めるのが一番好き♪

やっぱり「王様」
多くの食通に愛されるのが納得の味です。
 
 

1 1
 
 
【10種でわかる世界のチーズ】1.ペコリーノ・ロマーノ
【10種でわかる世界のチーズ】2.ロックフォール
【10種でわかる世界のチーズ】3.コンテ
【10種でわかる世界のチーズ】4.ブリ・ド・モー
【10種でわかる世界のチーズ】5.モッツァレッラ
【10種でわかる世界のチーズ】6.エメンタール
【10種でわかる世界のチーズ】7.パルミジャーノ・レッジャーノ
【10種でわかる世界のチーズ】8.クロタン・ド・シャヴィニョル

カテゴリー:チーズ