【パンマニア武勇伝】寿司屋でバゲット

昔の貴重な写真が出てきました。

あれは7年前のこと。
渋谷VIRONでバゲットレトロドールを買ったあとに
行きつけのお寿司屋さんに行ったときのことです。

まずは日本酒をゆっくりと楽しみながら、
刺盛りの中で一際輝いている大トロを眺めていたら
パンマニア魂に火が付き思わずこう尋ねていました。

「この大トロをこのパンで食べてもいいですか?」

失礼度MAXなこのお願いになんと「いいよ。」
と寛大なお返事が。

ここはすし屋のカウンター。
しかもほかにお客さんいますし。
まさかこの場所で鮨ネタをバゲットで食べれるなんて
実現不可能と思われた夢の競演(笑)。
もう2度とない機会かもしれません。

恥かしげもなくバゲットを取り出す私。
生よりも少し炙ったほうが合うと
私と店主の見解は一致。
ってことで炙り大トロ&バゲット。
この組み合わせは合わないわけがない。

実食。
炙った大トロの表面、バゲットの皮それぞれの香ばしさ
まずそれをを感じた後に口の中の体温で
とろけていく大トロをバゲットがしっかり受け止め
シャリよりも長く続く余韻。これはエクスタシーです。
泣けた。
決死の覚悟でお願いした価値ありありでした。

※ついでにやってみたウニ、これめっちゃあかんです。
ウニさんごめんなさい。

でもやっぱりお寿司はシャリで食べるのが一番ですね。
当たり前だっちゅうの。

1
2
3
4
5


カテゴリー:ブログ