「チーズは臭いから不味いから苦手」というあなたへ


1

 
 
チーズには形、香り、味わいが異なる特徴的なチーズがたくさんあり
フランスだけでも1000種類以上あると言われています。
私もさんざんパンに合わせて
いろんなチーズを食べていますが
まだまだ知らないチーズがたくさんあって
新しいチーズとの出会いが楽しくて楽しくて(笑)

でもでも、結構よく聞く話なのですが
たとえば
「青かびとか山羊とかのチーズは臭いし不味いし苦手」
と思っているかたいらっしゃいませんか?

確かにフランスのナチュラルチーズは
日本でおなじみのプロセスチーズに比べたら
とてもとても強い匂いを放つものがたくさんありますし
その匂いに日本人が慣れていないというのも理由の一つです。
それは外国人が納豆のにおいに顔をゆがめるようなものです。

でも「チーズは臭いから不味いから苦手」と思っている方に
どうしても訴えたいのは
苦手と感じた時に食べたチーズは
本当にいい状態のチーズだったのか?
ということです。

ナチュラルチーズは生き物です。
たとえば全く同じ時期に同じ場所で作られたチーズだとしても
チーズ専門店でチーズを熟知した人が管理したチーズを購入したのと
スーパーなどでほぼ放置されたようなチーズでは味は間違いなく違います。

購入した消費者の側もそうです。
チーズの保管方法・切り方・冷蔵庫から
出して食べるまでに常温に戻す時間などを知っている人と
そうでない人とでは、同じチーズでもこれまた
顕著にチーズの状態・美味しさは異なります。

もし何も知らずに
スーパーなどで放置されたチーズを買い、なにも知識もないまま
冷蔵庫に入れて適当に切ってチーズを食べたり
チーズの知識の乏しいレストランなどで管理された
チーズをサービスされしまったりして
状態の悪いチーズを口にしてしまい
「チーズは臭いから苦手」と思ってしまっていたならば
それはとてもとても不幸なことです。

フランス産をはじめとする多くのナチュラルチーズは
プロセスチーズと違って非常にデリケートなチーズです。
 
 
1
今回企画した
「フランスチーズ・フランスパンの世界へようこそ」では
世界一のチーズソムリエである村瀬美幸先生が
管理した最良な状態のチーズを各々に合わせた最適な切り方で
味わい、学ぶことができます。
そしてそれぞれのチーズに合った厳選したパンをご用意し
パンとチーズのマリアージュを
体験していただけることができる貴重な機会です。

「チーズが臭いから不味いから苦手」だとおもっているあなた
フランス人が人生の幸せと愛して止まない
パンとチーズの世界にもう一度飛び込んでみませんか?
騙されたと思って勇気をだして。

そこには知らなかった美味しさの発見と
至福の味との出会いが待っているはずです。
 
 


パンとチーズの魅力をあなたにも!参加者募集中です ↓↓クリック

カテゴリー:チーズ ブログ