【イベント報告】ハード系食事パンを持ち寄ろう会!

かの有名なフランスの美食家ブリア=サヴァランが残した
20のアフォリスム(格言)のひとつにこんな言葉があります。

「どんなものを食べているか言ってみたまえ。
 君がどんな人間であるかを言いあててみせよう。」

9/23に2回目のパーティーイベント
「お気に入りのハード系食事パンを持ち寄ろう会!」
を開催しました。

 
 


1

 
 
自分の一押しのパンを紹介することって
ブリア=サヴァランのこの言葉じゃないですが
まるでパン好きとしての自分を丸裸にされるようで
結構プレッシャーなんですよね(^_^;)
参加されたみなさんも同じようなことをおっしゃってましたし
「参加したいけど、持ってくパンを選べなくて・・」
という声もちらほらあったりでしたが
なんとか今回も多くのご参加を賜り感謝感激です。

ちなみに私の一押しのパンですが
本当の一押しはやっぱりパリなんです。
「パリのこのパン屋さんのこのパンがなんてったって一番!!」
というのがあるのですが、さすがに買ってこれませんからね(笑)
じゃあ東京は?というとこれも本当に難しい。
でもどうしても今回は一つ選ばなければいけないので
悩みに悩み決めました。
どこのパン屋かというと、、、内緒で~す。
丸裸にされるのはお越しいただいた方だけにさせてください(^^;;

その人の好きなやパン屋さんやパンがわかれば
ブリア=サヴァランのようには全然いきませんが(笑)
でも大体好みのパンの系統などはわかるので
パンの話にも花が咲くってもんです(^^)

 
 

1 1

 
 
今回の持ち寄りパンは半数以上がバゲットでした。
やっぱりみなさん悩んだ挙句
どうしてもひとつ選ぶとなると
一番人気のあるバゲット。万能選手のバゲット。
という声が多かったです。
(次回は「バゲット以外の」ハード系食事パン持ち寄り会にしようかな?(笑))

私も普段はほぼ決まったお店でしか
パンを買わないので
こういった機会に、普段食べないパンに
たくさん出会えることがうれしいですね。

 
 

1 1

着物で真剣にパンを斬る男(笑)ちょっと滑稽ですかね?↑

 
 
私、今回着物を着ての参加でございましたが
なぜかといいますと、私がお世話になっております浅草の男の着物 藤木屋
のご主人をお誘いしたところ、着物でご参加いただけるとのことで
じゃあ折角なので私も!ということでして(^^;
日本人に着物。
フランス料理にハード系食事パン。
どちらもリスペクトする精神に
私は相通じるものを感じています。

 
 

1 1 1


 
 

pan-ya.comのイベント2回目となります代官山Table Oginoさん。
今回も秋の味覚をテーマにすばらしい料理をご用意していただきました。
いつもありがとうございます。

 
 


1

 
 
今回の目玉料理「サンマのテリーヌ」
このイベントのために特別に作っていただきました。
形も美しく、味も最高。参加者みなさん大絶賛でした。

 
 

1 1 1

 
 
メインは2種の肉攻め。
スペアリブの煮込みにサーロインステーキ。
締めのデザートはモンブラン。
みなさんすでにお腹が苦しい状態でしたがペロリ。

 
 

1 1

 
 
ハード系食事パン持ち寄り会
またいつか企画したいと思いますので
ひとりでも多くのパン好きの方のご参加をお待ちしております。
パン談義に花を咲かせて盛り上がりましょう!

 
 
パンは
「気軽なもの」「ファーストフード」よりも
「人生を楽しむために欠かせないもの」「ゆっくりと大事に味わうもの」
これがpan-ya.comが一番伝えたいこと。
今後も楽しいイベントを企画していきたいと思います。

カテゴリー:ブログ