米粉のパンに思うこと

米粉のパン。
最近はあちらこちらで
見かけられるようになりましたが
やはりまだ発展途上であるがゆえに
「新しい」「珍しい」という価値を除けば
パンやご飯と比べると
まだまだ力不足は否定できません。

しかも「新しさ」も徐々に薄れてきているのは
数字を見ても明らかで
去年あたりから米粉の消費量は伸び悩み
苦戦を強いられているようです。

そんななか「おいしい米粉のパンがある」
との情報を聞き訪れたのが
白金高輪の超人気ベーグル専門店
マルイチベーグル。

1 1

↑米粉のベーグル。米粉80%配合だそうです。

お米特有のもちもち感が
ベーグルならではのもちもち感と
見事に融合しています。
これは素直においしい。


1
↑ベーグルもちぎって大事に食べてみるのもおいしいですね。

小麦のパンの美味しさに
近づいてきている印象を受けましたが
米粉のパンはまだまだもっともっと
おいしくなる可能性を秘めていると
私自身感じています。

100年前に誕生したバゲットが
いまやフランスパンのスーパースターになっているなんて
当時のフランス人が想像もしていなかったように
もしかしたら米粉のパンも
将来ご飯やパンを追い抜く日がやってくるかも??

日本の深刻極まりないパンの自給率
打開する希望の星のひとつとして
さらに輝きを増していってほしいです。
これからの米粉のパンに期待です。

カテゴリー:ブログ