【バレンタイン企画】極上の板チョコをバゲットに挟んで食べたい

先日知人からピエール・エルメの板チョコを
いただいちゃいました!
ほんとにうれしい~。
 
1 1
1
 
 
で、、ふとある思いがふつふつと湧いてきてしまいました。
「このチョコをバゲットに挟んで食べたい。」

フランスでは板チョコをバゲットに挟んで食べるのは
子供のおやつの定番。
でもでも、このピエール・エルメの板チョコ
普通の板チョコが10枚は軽く買えちゃうお値段(汗)
ですがどうしてもパンマニアの血が騒いでしまい
こうなったらやってみるっきゃないということで(笑)

このチョコに最大限のリスペクトを込めて選んだバゲットは
世田谷線の松陰神社前駅、ブーランジェリースドウの
バゲット・レジェール。
 
 


1
↑おいしいバゲットはその姿も見惚れるほど美しい
 
 
歯切れ、口どけ、軽さを追求したバゲット。
これならチョコの滑らかな口どけを邪魔することなく絡み合ってくれる。
私が想像しうる最良のバゲットをチョイスしました。
 
 
1 1
 
 
ピエール・エルメ様の板チョコを絶対に無駄にはできませんので
とりあえず普通の板チョコで一度プロトタイプを作成することに。

板チョコバゲットにはバターを一緒に挟むのをよく見かけますが
私的にはどうも口の中が脂っこくなりすぎてちょっと苦手。
代わりにマスカルポーネで合わせてみることに。
そしてチョコにはテッパンの組み合わせのバナナもちょい乗せ。
 
せっかくなのでできたプロトタイプをシェアオフィスのみなさんにも
召し上がっていただきました。
 
 

1 1 1
 
 
私も実食。
第一印象は「ちょっといまいちだったかなぁ?」と頭をよぎりましたが
一生懸命かみかみもぐもぐパンとチョコを融合させて顎が疲れてきたころ
急に視界が開けたかのようにその先にチョコの魅惑の世界が待っていました。
ちょい足しのマスカルポーネとバナナがまたちょうどパンとチョコの
いいつなぎ役でなおかつ味にまろやかさを添えてこれまたいい感じ。
うん合格。

手ごたえを感じて、いざ本番。


↓完成したのがこちら
1

 
 
当たり前ですが、チョコがものすごくおいしい。
ピエール・エルメの「Mogador」は
パッションフルーツ、ローストパイナップル、ミルクチョコレートの
豊かな味わいの組み合わせを表現した
プティガトーをはじめとする期間限定シリーズ。
この板チョコ、やっぱりチョコの風味、滑らかさ・口どけどれも段違い。
さらにパッションフルーツの上品なフレーバーがニクいこと。
いくつもの巧妙な甘さの仕掛け・魔法が凝縮された
これは板チョコとは呼べぬ作品です。

それにブーランジェリースドウのバゲット・レジェールの
さりげない存在感がベストマッチ
このバゲットだからこそ成しえた至高の味わい。

チョコとバゲットの組み合わせは
フランスの子供のおやつ代わりですので
正直味よりお腹を満たす手段と思ってましたが
こうやって合わせる材料を吟味して
ひと手間かけて作ってみると
チョコレートケーキや
パン・オ・ショコラのようなリッチなパンにも
負けず劣らす、これならではの味わいや楽しみ方が
あることに気づきました。

pan-ya.com風板チョコバゲット。
ぜひ、明日のバレンタインにパン好き彼氏に
作ってみてはいかがでしょうか?(^^)


1

 
 

カテゴリー:ブログ