• 【イベント報告】「バゲット焼き色違い」を食べ比べる!
  • ふぞろいな焼き色のバゲットたち
  • 「傘をささないフランス人」+「裸のバゲット」=?
  • バゲットをおいしく食べるための7つのルーティーン(買い方編)
  • Baguetteを正しく呼びましょうキャンペーン!

  • 【イベント報告】「バゲット焼き色違い」を食べ比べる!




     
     

    「食卓こそは人がその初めから決して退屈しない唯一の場所である。」
    by ブリア=サヴァラン

     
     
    すばらしい映画・ドラマ・お芝居にはすばらしい脇役が必ず存在します。
    主役を引き立て、物語をより深みのあるものにする非常に大切な役割です。

    「食事は食卓の上で料理・パン・ワイン達が繰り広げる楽しいお芝居のようなものだ」と
    以前フランスでホームステイしたときにお父さんから聞いたことがあります。

    食事がお芝居だとしたら、料理は主役、脇役はパン。
    食べる我々はその芝居の演出家でもあり観客でもあり、
    といったところでしょうか。

    演出家として
    今日の主役に合わせて、脇役であるパンはどのお店の何のパンにするか?を考え
    そして観客として
    役者がいい演技をしているか?役者たち相性はどうか?
    客観的な立場でお芝居を眺めるように、それらの味わいを楽しむ。

    食べることが人生の喜びであるフランス人らしい表現ですね。
     
     
    フランス人の食卓のパンは圧倒的にバゲットであり
    そのバゲットに対するこだわりたるや
    それはそれは日本とは比較にならず
    その一つが「バゲットの焼き色違い」であります。

    フランスでは各々自分の好み・こだわりのバゲット焼き色があり
    パン屋さんもそのニーズに対応して様々な焼き色のバゲットを常時用意しております。
    「Bien cuite(しっかり焼けた) s’il vous plaît.」
    「Pas trop cuite(あまり焼きが強くない) s’il vous plaît.」
    などなど。
     
     




     
     
    日本では同じパン屋のバゲットで焼き色違いを
    買える機会もなかなかありませんので
    同じお店で3種類(焼きが甘い・ふつう・しっかり焼いた)
    のバゲットを今回、桜新町のベッカライ・ブロートハイムさんに
    特別に焼いていただき味の違いを体験してみました。
     
     

    ↑美しいバゲットは美味しい。美味しいバゲットは美しい。


     
     
    フランスの家庭の普段の食卓では
    「バゲットは切らない。バゲットはちぎる。」
    これなんです。

    食卓にバゲットが一本そのまま置かれ
    各々好きな分だけちぎっていただくんです。
    一つのバゲットをみんなでちぎって分け合う。
    私は初めてこの光景を目の当たりにした時
    フランス人にしてみたら当たり前のことなのかもしれませんが
    パン文化の歴史の重みというか
    これが「company」という言葉の語源そのものなのかと(ぜひ以前のコラムをご参照ください)
    猛烈に感動したのを今でも覚えています。
     
     

    ↑参加されたみなさんにもバゲットをちぎるのを体験していただきました。

    バゲットは切るよりもちぎったほうがおいしいんです。
    ナイフでスパッときった断面よりも
    やさしくちぎった断面のほうが
    口の中に入れた時に風味を感じやすいですし
    料理とも味がからみやすい。
    これはぜひ一度試してみてください。

    ↑今回はバゲットのお供にマッシュルームのスープにサーモンリエットとパテドカンパーニュをご用意

    そして締めにチーズは欠かせません。
    今回もチーズは赤字覚悟(笑)
    ・ブリ・ド・モー フェルミエ ロートシルト
     チーズの王様 ブリ・ド・モーの唯一の農家製です。
    そしてMOFチーズ熟成士ロドルフ・Mの
    ・サン・ネクテール
    ・カンタル
    をご用意

    みなさんチーズの美味しさに喜んでいただき
    大奮発した甲斐がありました。
    美味しいバゲットに美味しいチーズは不可欠ですからね。
     
     
    で、肝心な焼き色の食べ比べ。
    これはどっちがいい、どっちがおいしいというのはないのですが
    ほんとにひとりひとりの好みでいいと思ってます。
    参加されたみなさんにどれがおいしかったかと聞いたところ
    「しっかり焼いた」か「焼きが甘い」かに
    ほぼ半々に分かれました。
    「ふつう」がひとりもいなかったのがやっぱりという思いもありますが
    面白い結果でした。

    私は個人的にはフランスで覚えた「焼きが甘い」バゲットが好きです。
    だけど美味しくて焼きが甘いバゲットに日本では
    なかなか出会う機会がないんですよね~。

    いつか日本でもフランスのように
    食卓というお芝居の名脇役であるバゲットの
    重要な要素である「焼き色違い」のバゲットが
    選べるようになったらうれしいなぁと願っております。

     
     
    パンは
    「気軽なもの」「ファーストフード」よりも
    「人生を楽しむために欠かせないもの」「ゆっくりと大事に味わうもの」
    これがpan-ya.comが一番伝えたいこと。
    今後も楽しいイベントを企画していきたいと思います。

    ふぞろいな焼き色のバゲットたち

    フランスのとあるパン屋さん。
    この写真のバゲットたちを見てなにか気付いたことありますか?

    よくみるとバゲット一本一本の焼き色が違いますね。
    しっかり焼かれたもの
    ちょうどいいもの
    焼きが甘いもの
    などなど。

    日本ならばほとんどのお店でみんな同じ色に焼かれたバゲットが
    きれいに並べられていますよね。
    「フランス人は焼き方が雑だなぁ~」と思うかもしれませんが
    でもこれはわざとそうしているのです。

    以前にもちょこっとお話ししましたが
    フランス人は、バゲットの焼き色の好みがはっきりしていて

    「Bien cuite(しっかり焼けた) s’il vous plaît.」
    「Pas trop cuite(あまり焼きが強くない) s’il vous plaît.」

    などを買う時に指定している人を良く見かけます。
    パン屋さんと顔馴染みになると
    黙っててもその人の好みのバゲットを用意してくれます。

    日本人が
    「硬めのごはん」
    「やわらかめのごはん」
    とそれぞれ好みが分かれるように
    フランス人のバゲットの焼き色の好みもそれぞれあって
    フランスではパン屋さんがいろいろな焼き色を用意することが
    あたりまえなことなのでしょう。

    日本ではフランスみたいなさまざまな
    焼き色のバゲットを用意しているパン屋さんには
    まだ出会ったことがありませんが
    そういうお店がすこしづつでも増えてくれたらいいのになぁ
    とても素敵なことだなぁって思ってます。

    「傘をささないフランス人」+「裸のバゲット」=?

    先日お友達とのやりとりでふと思い出したこと。

    「フランス人は傘をさす習慣がない」というのは
    結構知られている話ではあります。

    それに関連したお話で
    私がフランスにいた時にびっくりした光景があります。
    それは雨の日に傘をささずにほぼ裸の状態のバゲットを持って
    平然と歩いている人をフランスではまあまあ見かけることです。

    ご存知のかたも多いと思いますが
    フランスのパン屋さんの包装といったら
    めちゃめちゃ簡易的でバゲットなんか
    手に持つ部分にだけ紙の帯をペロっと巻いだだけの
    ほぼ裸の状態です。


    1
    ↑こんな感じの包装です。
    これはバゲットではなくフィセルです。

    ホームステイ先でお父さんが
    雨に濡れてしっとりしたバゲットを買って帰ってきたときは
    「うわっ、これを食べる日が来たか。」と内心思いましたが
    実は実は、食べてみると意外においしいものなんです。
    濡れせんべいに通ずるものがあるというか。。
    たまには悪くないなぁと思ったりして。
    きっとフラン人もそう思ってるのかな?

    ありかなしかといったらありだと思います。
    でもわざわざお水で湿らせたり
    わざわざ日本で雨の中裸でバゲットを持って
    歩いたりしてまで食べるほどでもないですけどね(笑)

    フランスでは雨の日にバゲットが濡れるのは自然な流れですからね。

    バゲットをおいしく食べるための7つのルーティーン(買い方編)


     
     
    バゲットは非常にデリケートなパンです。
    扱い方に細心の注意が必要です。

    おいしいバゲットを食べるために
    とてもとても大事な

    「バゲットをおいしく食べるための7つのルーティーン(買い方編)」

    をご紹介します。


    例えば、、
    夕食にゆっくりとおいしい料理とお酒を飲みながらバゲットを食べたい。
    その時
    「何時に食事をするか?何時にバゲットを食べるか?」
    ここが一番重要です。
    このルーティーンの起点です。

     
     

     

    これも非常に重要です。
    もちろん大好きなお気に入りのパン屋さんで買うのもよし。
    バゲットがおいしいと評判のお店を訪れるのもよし。
    できれば今日食べる料理はどんなバゲットが合うか?
    皮が薄くて軽いバゲットが良いのか?
    皮が厚くてしっかりしたバゲットが良いのか?
    など考えるのも楽しみのひとつです。

     
     

     

    たいていのパン屋さんは1日複数回バゲットを焼いているものです。
    事前にお店に訪れた時に聞いてチェックしておくか
    電話して教えてもらいましょう。

     
     
     

     

    バゲットは湿気に弱く、おいしさの寿命が非常に短いパンです。
    日本の湿度の高い気候だと、一般的に焼き上がり3時間以内が
    ゴールデンタイムと言われています。
    渾身のバゲットを焼き上げるパン職人さんの思いを無駄にしないために
    我々は3時間以内に食べる努力をしなければなりません。
    例えば19時に夕食をいただくなら
    16時以降に焼かれたバゲットを買うべし!!

     
     

     

    ジメジメした天気の日、雨の日などは
    バゲットの寿命はさらに短くなってしまいます。
    そういった日はバゲットをあきらめて
    家で軽く焼き戻してもおいしいパン・ド・カンパーニュなどの
    別のハード系食事パンに変更することなども検討しましょう。

     
     

     

    確実においしいバゲットを調達するには予約は必須です。
    大抵のパン屋さんで予約は受け付けてもらえます。
    お店に行って「バゲットがない!?」ってことにならないように
    バゲットを確保する意味と
    もうひとつは
    「〇時焼き上がり分のバゲットでお願いします。」
    と指定する必要があるからです。
    そうしないとだいぶ前に焼きあがったバゲットをキープされる
    こともありますからね。

     
     

     

    ここまできたらもうあなたは、おいしいバゲットを
    ゆっくり楽しむ準備がすべて整っているはずです。
    もし買ったバゲットを全部食べない場合や
    全部食べないことがあらかじめ分かっているならば
    一刻も速く冷凍しましょう。
    そのまま常温で放置するよりも、冷凍したほうが
    翌日以降に食べるときに劣化を遅らせることができるからです。
    (冷凍・解凍方法については、改めて詳しく説明したいと思います。)

     
     
     
    バゲットをおいしく食べるための7つのルーティーン(買い方編)
    ぜひみなさんも実践してみませんか?


    1

    Baguetteを正しく呼びましょうキャンペーン!


    フランスパンの代表格であり、フランスで最も人気のあるパン「バゲット(Baguette)」
    日本のパン屋さんもこの10年で見ても、バゲットが美味しいパン屋さんが
    だいぶ増えてきたなあと感じています。
    ですがこの「バゲット」。残念なことに日本では読み方やアクセントが
    統一されていないのが現状です。
    そこでpan-ya.comでは「バゲットを正しく呼びましょうキャンペーン!」を通じて
    日本に正しいバゲットの呼び方を定着させたい!と願っております。

    外国語の発音をカタカナで表記することって
    かなり無理があると常々思っておりますが、
    フランス語なんかは特にカタカナ表記した通りに
    フランス人に話してもほとんど通じません。

    例えば「クロワッサン」
    このままのカタカナ読みではフランスではほぼ通じないでしょう
    「クロワソン」のほうがまだましかな(笑)。

    しかし「Baguette」はバゲット、これは通じます。
    どう読んでも「バケット」ではなくて「バゲット」です。
    昔と比べれば大分少なくなっては来ましたが
    いまだにパン屋さんによっては「バケット」と表記しているところがあり、
    これは昔にバゲットが日本に広まったときに誤って
    「バケット」と呼ばれてしまっていたようです。
    (ちなみに上の写真、あるパン屋さんで間違っているのを見かけ、
    バゲットを愛する人間として見過ごすことができず殴られるのを覚悟で(汗)
    パン屋さんにご指摘させていただいたところ、ご理解いただきすぐに修正されてました(笑))



     
     
     
     
    次に間違って読んでいる人が非常に多いバゲットのアクセント。
    上の図は辞書等で使われているアクセント表記のバゲットのアクセントです
    (あまりなじみがないからわかりにくいですかね(苦笑))
    バゲットは「バ」にアクセントがきます。
    (google翻訳の音声読み上げ機能でバゲットの発音を聞きたい方はこちら)

    一番わかりやすい例が「チキンマックナゲット」
    「ナゲット」と「バゲット」は同じアクセントです。
    実はパン好きの方やパン屋さんでも×の方の「ゲ」で
    アクセントが上がる読み方をしているのをよく耳にします。
    (このアクセントも「バケット」と読まれていた名残とも言われていますが)

    バゲットというパンはシンプルである一方、非常に奥の深いパンです。
    本場フランスのバゲットをリスペクトする意味で、
    まずは「バゲット」の正しい読み方を
    ひとりでも多くの方に浸透させていきたいとpan-ya.comは考えております。

    「バゲット」を正しく呼びましょう!